リクシル太陽光新商品発表会に参加しました!

リクシル太陽光新商品発表会に参加しました!

こんにちは!リアルウッドの本木です。

リクシルの太陽光新商品発表会に参加しました!国が掲げる住宅政策のロードマップによると、2020年の省エネ基準義務化、2030年までには新築住宅の平均でZEHを達成することが目標とされています。住宅の省エネ性能に加え、自然エネルギーの有効活用が益々重要となっていきそうですね。



1401273

新商品発表会では、上記のような住宅政策の流れも踏まえ、新商品の発表や今後の商品開発の方向性について、大手建材メーカーのリクシルさんよりお話がありました。具体的には、太陽光発電商品のバリエーションが増えたり、より多くの発電量を確保するために、より多くの太陽光パネルを搭載できるよう、新しいパネルの種類が追加されたりしました。また、リクシルさんの太陽光パネルは、日照が少ない場合でも、安定して発電出来るよう商品改良が進んだとのことでした。



1401272

リアルウッドでは、子会社のリアルサービスがリクシルの太陽光代理店に登録していますので、直接、太陽光のご案内をすることができます。今日の説明を聞いて、今まで以上に良い商品をお客様にお届けすることになり、私たちも非常に嬉しく思います!

太陽光発電に関して、ご質問などございましたら、お気軽にご相談下さい!

※ZEHとは、エネルギー利用の方法を工夫することで、一次エネルギーの年間消費量がゼロまたはおおむねゼロになる住宅のことです。





<住宅の省エネルギー化に向けて>
CO2排出量の削減を図るには、「省エネルギー化」を住宅および建築物が備えるべき基本的な性能として位置付け、新築されるすべての住宅・建築物について省エネルギー基準への適合を義務化していく方針について、その詳細が明らかになりました。 義務化される省エネルギー基準は、現行の「次世代省エネルギー基準」ではなく、新たに設定される見込みです。「次世代省エネルギー基準」をはじめ、これまでの省エネルギー基準は断熱性を重視したものとなっていましたが、新たに設定される基準は、太陽光や太陽熱といった自然エネルギーの利用、冷暖房や給湯など省エネルギータイプの建築設備機器の利用なども含め、総合的なエネルギー消費量で評価することになるようです。

義務化を図る省エネルギー基準を実現可能な最低レベルとして設定する一方、より高いレベルとなる誘導水準も設定される見通しです。また、エネルギー消費実態を「見える化」するとともに、施主や住宅購入者、設計者、施工者などの各ステークホルダーが適切に比較できるよう、性能を表示するラベリング制度の導入も検討されており、エンドユーザーが住宅を選ぶ際の指標の一つとなると想定されます。 既存住宅・建築物については、過去にさかのぼって義務化を規制する措置は困難であるとし、補助金や税制優遇などの措置によって省エネリフォームを促進していく考えです。

地球温暖化の防止だけでなく、環境関連産業育成の観点からも、再生可能エネルギーの導入を拡大していく方針が示されています。今後、一次エネルギー(石炭や石油、天然ガスなど、自然界にあるままの形状で得られるエネルギー)の供給に占める再生可能エネルギーの割合を、2020年までに10%に引き上げることを目指すとしています。
そのため、住宅・建築物については、太陽光発電システムの搭載や、太陽熱・地中熱といった熱利用の導入促進を図っていくことが重要であるとしています。想定される取り組みの一つとして、省エネルギー設備の容積率の明確化などの規制緩和の推進のほか、太陽光発電システムや熱利用設備などの初期コストの低減といった導入支援策の実施を掲げています。


 

イベント・見学会の詳細・お申込みはこちらから!




06274_2

アールプラスハウス ひたち野うしく・つくば南
(株)リアルウッドのホームページはこちらから!